RSIと移動平均(買い時銘柄を見つけるテクニック)

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ 買い時銘柄を見つけるテクニック 【RSIと移動平均】
 HOME 

株式市場で勝つ為の戦略
株式市場で勝つ為の考え方
バーチャルトレードからはじめて…
勝ち組と負け組の違い
勝率50%でも利益を出す-1
株式市場で勝つ為の実戦的戦略
3点チャージ投資法
RSIと移動平均
ストキャスティクスと移動平均
RSIと一目均衡表
ストップロス・トレーリングストップ

1ランク上の実戦的・具体的戦略
ペコ丸流デイトレードシステム…

[勝ち組と負け組みの違い]でも説明しましたが、一つの指標・情報にこだわるのは良くありません。
ただ、初心者はどの指標・情報を組み合わせればいいのか分からないのも事実です。
そこで、どのテクニカル指標を組み合わせて使うと効果的なのかを公開します。

RSIと移動平均

[RSI][移動平均]の2つのテクニカル指標を用いて、売買の判断をします。

『魔術師たちのトレーディングモデル』
リック・ベンシニョール /長尾慎太郎
(パンローリング)
税込 6,090円
送料無料コチラから購入できます
ご一緒にペコ丸オススメBOOKS!!よければ右側の『ペコ丸が最近買った本』をご覧下さい
RSIと移動平均 RSI(5日)が40%以下
RSIと移動平均 20日移動平均40日移動平均より上
...で、過去2日の最高値より上に逆指値

* 「魔術師たちのトレーディングモデル」に詳しく説明してあります。

【成功例】
以下は、RSIと移動平均の代表的な成功例です。
1661 関東天然瓦斯開発
2004年1月28日 シグナル発生
2004年2月2日 526円で逆指値約定

RSIと移動平均の成功例


【失敗例】
以下は、RSIと移動平均の代表的な失敗例です。
9962 ミスミグループ本社
2004年7月7日 シグナル発生
2004年7月8日 3,590円で逆指値約定

RSIと移動平均の失敗例

2004年のRSIと移動平均年間成績は、以下の通りです。
※ サインの出た翌日に過去2日の最高値より1呼値上で逆指値、利益確定:購入時の株価の10%以上上昇、損切り:購入時の株価の10%以上下落、とした場合
※ OmegaChartの自動売買検証機能で検証 (* [OmegaChart]の紹介はコチラをご覧下さい)
RSIと移動平均 トレード数: 73,366回
RSIと移動平均 利益になったトレード数: 3,710回
RSIと移動平均 損失になったトレード数: 2,683回
RSIと移動平均  逆指値が約定しなかったトレード数: 65,893回
RSIと移動平均  利益・損失不明のトレード数: 1,078回
RSIと移動平均  勝率(利益になったトレード数÷(トレード数 − 逆指値が約定しなかったトレード数)): 49.65%
RSIと移動平均 1トレード平均損益率: +1.82%
RSIと移動平均 利益・損失不明・逆指値が約定しなかったトレードを除く買いサインで、1株買った場合の損益: +1,653,872円


検証に使ったOmegaChartの拡張キット[RSIと移動平均:買い]RSIと移動平均のオメガチャート(OmegaChart)拡張キット
(* 右クリック→対象をファイルに保存でダウンロードできます)

RSIと移動平均について、ペコ丸の所感

RSIと移動平均は、移動平均線でトレンドを確認、RSIで押し目を確認する手法です。
ペコ丸は、結構このパターンを愛用します。

成功パターンを見ると、移動平均線が綺麗に上昇トレンドを描いています

失敗パターンを見ると、移動平均線が下降・保合いの中にあることが多いです。 シグナル発生した後、株価チャートを自分の目で確認して、上昇トレンドにある事を確認すると、失敗パターンを回避出来る可能性があります。