ボリュームレシオ

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ 出来高系テクニカル指標 【ボリュームレシオ】
 HOME 

銘柄選定:テクニカル分析
【テクニカル分析の基礎】
株価チャートの見方
1本のローソク足
複数のローソク足
テクニカル指標の分類
トレンドを見極める
チャートパターンから読む買い…
【トレンド追従型指標】
移動平均線
エンベロープ
ボリンジャーバンド
HLバンド
新値足
一目均衡表
トレンドライン
カギ足
パラボリック

【オシレータ系指標】
移動平均乖離率
RSI
ストキャスティクス
%Rオシレータ
サイコロジカルライン
モメンタム
RCI
MACD
DMI

【出来高系指標】
ボリュームレシオ

【その他の指標】
ピボット

ボリュームレシオとは
ボリュームレシオ(Volume Ratio、VRと表記されることもあります)は、出来高から売られ過ぎ買われ過ぎを判断するための指標です。[RSI](オシレータ系指標参照)に、出来高の概念を加えた指標になります。
出来高は、支持・抵抗近辺に接近すると、急激に増加する傾向があります。そのようなポイントで、いち早く反応するのがボリュームレシオになります。
ボリュームレシオの単位は「%」です。

ボリュームレシオの計算方法は以下の通りです。

ボリュームレシオ = ((n日間の株価上昇の日の出来高の合計+n日間の株価変わらずの日の出来高)÷2)÷(n日間の株価下落の日の出来高の合計+n日間の株価変わらずの日の出来高)÷2)×100(%)
※ nは任意の期間・日数

ボリュームレシオで使用する期間・日数は、15日が多いようです。

ボリュームレシオを使った戦略

ボリュームレシオを使った逆張り戦略

一般的に、ボリュームレシオ70%以下で売られ過ぎ、ボリュームレシオ450%以上で買われすぎといわれているため、ボリュームレシオ70%以下で買いサインボリュームレシオ450%以上で売りサインとします。

ボリュームレシオを使った逆張り戦略を


ボリュームレシオ関連の戦略ページ

ボリュームレシオの関連ページ 株式市場で勝つ為の戦略-[3点チャージ投資法
ボリュームレシオの関連ページ 今日の売買サイン-[3点チャージ投資法による今日の買いサイン
ボリュームレシオの関連ページ 今日の売買サイン-[3点チャージ投資法による今日の売りサイン