ピボット

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ その他の指標 【ピボット】
 HOME 

銘柄選定:テクニカル分析
【テクニカル分析の基礎】
株価チャートの見方
1本のローソク足
複数のローソク足
テクニカル指標の分類
トレンドを見極める
チャートパターンから読む買い…
【トレンド追従型指標】
移動平均線
エンベロープ
ボリンジャーバンド
HLバンド
新値足
一目均衡表
トレンドライン
カギ足
パラボリック

【オシレータ系指標】
移動平均乖離率
RSI
ストキャスティクス
%Rオシレータ
サイコロジカルライン
モメンタム
RCI
MACD
DMI

【出来高系指標】
ボリュームレシオ

【その他の指標】
ピボット

ピボットとは
ピボットとは、先物市場で開発された指標で、短期的な売買をするための指標です。
ピボット(回転軸)を中心に価格が変動することを前提とした、デイトレード向けのテクニカル指標です。
ピボット(回転軸)を中心とし、支持線と抵抗線を前日に予測する事が出来るので、損切り・上乗せ等といった売買ポイントも明確になる為、実際の売買に応用し易い指標となっています。

ピボットの計算方法
高値 = H
安値 = L
終値 = C
PIVOTP = P = ( H + L + C ) ÷ 3

上方トレンド転換点(HBOP) = 2P + H ‐ 2L
抵抗線2(S2) = P + H ‐ L
抵抗線1(S1) = 2P ‐ L
支持線1(B1) = 2P ‐ H
支持線2(B2) = P ‐ H + L
下方トレンド転換点(LBOP) = 2P ‐ 2H + L

よく分からない方は、こちらをダウンロードして使ってください。
エクセルファイルに計算式を入れてあります[ピボットの計算式]ピボットの計算式
(* 右クリック→対象をファイルに保存でダウンロードできます)


ピボットの見方
ピボットでの売買サインの見方

基本的には逆張り的な見方をし、価格が支持線1・2B1B2に接近したら「買い」抵抗線1・2S1S2に接近したら「売り」となります。
また、売っている場合で上方トレンド転換点HBOPに達してしまった場合は損切り・ドテン買いとなり、買っている場合で下方トレンド転換点LBOPに達してしまった場合は損切り・ドテン売りとなります。

上記は相場がボックス(保合い)の時には大変有効ですが、相場がある程度の方向を示している場合(トレンドが発生している場合)は、順張り的な見方をすることで、有効活用することが出来ます。
その場合、価格が支持線1・2B1B2を下抜いたら「売り」抵抗線1・2S1S2上抜いたら「買い」となります。
また、売っている場合で下方トレンド転換点LBOPに達したら「売り増し」のチャンス買っている場合で上方トレンド転換点HBOPに達したら「買い増し」のチャンスとみます。
また、支持線・抵抗線の幅が狭まってくると、トレンドの変化が近いことを示します。逆に抵抗線・支持線の幅が広がってくると、価格変動リスクが高まってきていることを示します。