MACD

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ オシレータ系テクニカル指標 【MACD】
 HOME 

銘柄選定:テクニカル分析
【テクニカル分析の基礎】
株価チャートの見方
1本のローソク足
複数のローソク足
テクニカル指標の分類
トレンドを見極める
チャートパターンから読む買い…
【トレンド追従型指標】
移動平均線
エンベロープ
ボリンジャーバンド
HLバンド
新値足
一目均衡表
トレンドライン
カギ足
パラボリック

【オシレータ系指標】
移動平均乖離率
RSI
ストキャスティクス
%Rオシレータ
サイコロジカルライン
モメンタム
RCI
MACD
DMI

【出来高系指標】
ボリュームレシオ

【その他の指標】
ピボット

MACDとは
「MA」は移動平均(Moving Average)、「C」は収束(Convergence)、「D」は分岐(Divergence)という意味で、日本では「移動平均収束拡散法」と呼ばれる指標です。
短期の[指数平滑平均]と、中期の[指数平滑平均]の差を利用して、今後の株価の方向性を見極めるための指標です。また、MACDシグナルと呼ばれる指標も一緒にみることで、売買サインを明確にしているところも重要です。
MACDとMACDシグナルの計算方法は以下の通りです。

MACD = 短期指数平滑平均 ‐ 中期指数平滑平均
MACDシグナル = n日間のMACDの指数平滑平均、または単純移動平均
※ nは任意の期間・日数

短期指数平滑平均で使用する期間・日数は12日が多いようです。
中期指数平滑平均で使用する期間・日数は26日が多いようです。
MACDシグナルで使用する期間・日数は9日が多いようです。

MACDを使った戦略

MACDを使った基本戦略

MACD(ピンクのライン)がMACDシグナル(緑のライン)を下から上抜いたら買いサイン、MACD(ピンクのライン)がMACDシグナル(緑のライン)を上から下抜いたら売りサインとします。

MACDを使った基本戦略


MACDを使った逆張り戦略

MACDの過去の反転ポイントを利用して売買する方法です。
下図の場合では、MACD(ピンクのライン)が‐2以下になったら買いサイン、MACD(ピンクのライン)が+6以上になったら売りサインとすると、良い結果が得られているようです。

MACDを使った逆張り戦略


MACDを使った順張り戦略

MACDシグナル(緑のライン)が0ラインを下から上抜いたら買いサイン、MACDシグナル(緑のライン)が0ラインを上から下抜いたら売りサインとします。

MACDを使った順張り戦略


MACD関連の戦略ページ

MACDの関連ページ 今日の売買サイン-[MACDによる今日の買いサイン
MACDの関連ページ 今日の売買サイン-[MACDによる今日の売りサイン