RCI

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ オシレータ系テクニカル指標 【RCI】
 HOME 

銘柄選定:テクニカル分析
【テクニカル分析の基礎】
株価チャートの見方
1本のローソク足
複数のローソク足
テクニカル指標の分類
トレンドを見極める
チャートパターンから読む買い…
【トレンド追従型指標】
移動平均線
エンベロープ
ボリンジャーバンド
HLバンド
新値足
一目均衡表
トレンドライン
カギ足
パラボリック

【オシレータ系指標】
移動平均乖離率
RSI
ストキャスティクス
%Rオシレータ
サイコロジカルライン
モメンタム
RCI
MACD
DMI

【出来高系指標】
ボリュームレシオ

【その他の指標】
ピボット

RCIとは
RCI(Rank Correlation Index)は、日付と値段(主に終値)に順位をつけて、それを「スピアマンの順位相関係数」の数式に当てはめて求めた数値をグラフ化したものです。要するに、一定期間終値が上昇を続けた場合は+100%になり、行って期間終値が下落を続けた場合は‐100%になるテクニカル指標です。
RCIの単位は「%」です。

計算方法は以下の通りです。

1‐(6×d÷(n×(nの2乗‐1)))×100(%)
※ nは任意の期間・日数
※ dの計算方法は以下の通りです。
  1. 期間内の終値を価格の高い順に1から番号を振る
  2. 期間内の日付が新しい順に1から番号を振る
  3. (1の番号 ‐ 2の番号)の結果を2乗する
  4. 期間内の?の結果を合計する
(イメージ的には下の表ようになります)
日付
終値
日付順位
終値順位
順位差
順位差の2乗
1/1
200
9
7
2
4
1/2
210
8
6
2
4
1/3
220
7
5
2
4
1/4
190
6
8
2
4
1/5
180
5
9
4
16
1/6
230
4
4
0
0
1/7
260
3
1
-2
4
1/8
240
2
3
-1
1
1/9
250
1
2
-1
1
順位差の2乗の合計=
38

RCIで使用する期間・日数は、9日が多く使われています。

RCIを使った戦略

RCIを使った逆張り戦略

RCI‐100%近辺は売られ過ぎと考えられるので買いサイン、RCI+100%近辺は買われすぎと考えられるので売りサインと言われていますが、実際に±100%になる事はあまり無い為、RCI‐80%を買いサインRCI+80%を売りサインとします。

RCIを使った逆張り戦略


RCIを使った順張り戦略

RCIは、0ラインを基準に上にあれば短期的に上昇トレンド形成中、0ラインを基準に下にあれば短期的に下降トレンド形成中と考えられます。
よって、0ラインを下から上抜いたら買いサイン0ラインを上から下抜いたら売りサインとします。

RCIを使った順張り戦略


RCI関連の戦略ページ

RCIの関連ページ 今日の売買サイン-[RCIによる今日の買いサイン
RCIの関連ページ 今日の売買サイン-[RCIによる今日の売りサイン