ストキャスティクス(スローストキャスティクス)

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ オシレータ系テクニカル指標 【ストキャスティクス(スローストキャスティクス)】
 HOME 

銘柄選定:テクニカル分析
【テクニカル分析の基礎】
株価チャートの見方
1本のローソク足
複数のローソク足
テクニカル指標の分類
トレンドを見極める
チャートパターンから読む買い…
【トレンド追従型指標】
移動平均線
エンベロープ
ボリンジャーバンド
HLバンド
新値足
一目均衡表
トレンドライン
カギ足
パラボリック

【オシレータ系指標】
移動平均乖離率
RSI
ストキャスティクス
%Rオシレータ
サイコロジカルライン
モメンタム
RCI
MACD
DMI

【出来高系指標】
ボリュームレシオ

【その他の指標】
ピボット

ストキャスティクスとは
ストキャスティクスはジョージ・レーンにより開発されたオシレータ系指標で、買われ過ぎ・売られ過ぎを読み取る指標です。
ストキャスティクスの特徴は、2本のラインを用いて売買サインを明確にしている点です。
例えば[RSI]では、以前の株価の反転ポイントや、極端な値上がり・値下がりが反転の目安となりますが、そのポイントを判断するのにRSIを使っている人の主観が入ります(RSIの70%以上は買われ過ぎとか、30%以下は売られ過ぎとかは、RSIを使う人の主観です)。ストキャスティクスでは、2本のラインのクロスをポイントとすることで、主観を取り除くことができます

ストキャスティクスで使う2本のラインは%Kライン%Dラインと呼ばれています。
また、ストキャスティクスの反応を少し落としたスローストキャスティクスという指標もあり、スローストキャスティクスで使う2本のラインは%Dスロー%Dと呼ばれています。

%K・%D・スロー%Dの計算方法

%K = (直近の終値‐過去n日の最安値)÷(過去n日の最高値‐過去n日の最安値)×100(%)
%D = 直近n′日の(直近の終値‐過去n日の最安値)の合計÷直近n′日の(過去n日の最高値‐過去n日の最安値)の合計×100(%)
スロー%D = 直近n″日の%Dの単純移動平均

一般的に、ストキャスティクス・スローストキャスティクスで使用する日数は、nは14日・9日・5日、n′は3日、n″は3日、が多いようです。

ストキャスティクスを使った戦略

ストキャスティクスを使った逆張り戦略

一般的には、%Kが%Dを下から上抜いた地点を買いサイン、%Kが%Dを上から下抜いた地点を売りサインとしますが、もう少し確実にする為に、%K・%D共に25%以下の時に%Kが%Dを下から上抜いた地点を買いサイン%K・%D共に75%以上の時に%Kが%Dを上から下抜いた地点を売りサインとします。

ストキャスティクスを使った逆張り戦略


スローストキャスティクスを使った逆張り戦略

一般的には、%Dがスロー%Dを下から上抜いた地点を買いサイン、%Dがスロー%Dを上から下抜いた地点を売りサインとしますが、もう少し確実にする為に、%D・スロー%D共に25%以下の時に%Dがスロー%Dを下から上抜いた地点を買いサイン%D・スロー%D共に75%以上の時に%Dがスロー%Dを上から下抜いた地点を売りサインとします。

スローストキャスティクスを使った逆張り戦略


ストキャスティクス関連の戦略ページ

ストキャスティクスの関連ページ 株式市場で勝つ為の戦略-[ストキャスティクスと移動平均
ストキャスティクスの関連ページ 今日の売買サイン-[ストキャスティクスによる今日の買いサイン
ストキャスティクスの関連ページ 今日の売買サイン-[ストキャスティクスによる今日の売りサイン