テクニカル指標の分類

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ テクニカル指標の分類
 HOME 

銘柄選定:テクニカル分析
【テクニカル分析の基礎】
株価チャートの見方
1本のローソク足
複数のローソク足
テクニカル指標の分類
トレンドを見極める
チャートパターンから読む買い…
【トレンド追従型指標】
移動平均線
エンベロープ
ボリンジャーバンド
HLバンド
新値足
一目均衡表
トレンドライン
カギ足
パラボリック

【オシレータ系指標】
移動平均乖離率
RSI
ストキャスティクス
%Rオシレータ
サイコロジカルライン
モメンタム
RCI
MACD
DMI

【出来高系指標】
ボリュームレシオ

テクニカル分析について

テクニカル分析には、3つの大前提があります。
1.) 値動きは、全てを織り込む
2.) 値動きは、トレンドを形成する
3.) 歴史は繰り返す

1.) 値動きは、全てを織り込む

価格(この場合は株価)に影響を及ぼすファンダメンタルや思惑などは、全て市場価格に織り込まれるという考え方です。 ということは、その時の価格が、全てのファンダメンタルや思惑などを反映したものになっているということなので、テクニカル分析者は「価格が上下するには理由がある」ことは理解していますが、「何故値動きがあったのか?」については、全ては価格が織り込んでるのですから一切知る必要が無いのです。

2.) 値動きは、トレンドを形成する
価格は常に上下しながら、ある期間・ある方向への値動きが確認できるということです。
そのある方向への値動きを、テクニカル分析を用いていち早く方向を察知し、その方向へ資産を投入していくと、あとはある期間は資産が増えていく事が期待できると、テクニカル分析者は考えるわけです。

3.) 歴史は繰り返す
価格の上昇や下落は、投資家の心理を反映したものであり、人間の心理は今も昔もそう変わらないという前提から、過去における市場の動きを研究し、過去において有効だった法則は、未来においても有効だという考え方です。
例えば、前項([1本のローソク足][複数のローソク足])も、つまりは過去の経験則です。この経験則が、将来においても有効だと多くの投資家が考えているから、現在も注目されているわけです。

テクニカル指標の種類

テクニカル指標には、大きく分けて「トレンド追従型指標」「オシレータ系指標」「出来高指標」があります。
それぞれの特徴を整理してみました。

トレンド追従型指標

トレンド追従型指標は、価格の方向性(トレンドという)を確認するための指標です。
特徴としては、価格の方向性の確認作業が発生するため、値動きに対して遅れます。トレンドが長期間にわたって発生している状態では、ある程度の遅れがあったとしてもそのトレンドに乗ることが可能です。トレンドを後追いする「順張り(トレンドフォローともいう)」になりやすい指標です。

オシレータ系指標

オシレータ系の指標は、株価の振動の大きさを計測して市場の勢いを読もうとする指標です。
基本的には買われすぎ・売られすぎの状態を測定するものです。トレンドに逆らう「逆張り」になりやすい指標です。

出来高指標

出来高指標は、出来高から人気を計るための指標です。
トレンドに対する人気があれば、そのトレンドが長く続くと考えられます。特定の価格での人気が大きければ、その価格を境に価格は大きく反転する可能性があります。単独で使われることはあまり無く、トレンド追従型指標やオシレータ系指標と同時に使われます。

トレンド追従型の代表的なテクニカル指標には[移動平均線]があります。オシレータ系テクニカル指標では[RSI]、出来高系テクニカル指標では[ボリュームレシオ]が有名です。他にもいろいろなテクニカル指標がありますが、それぞれの特徴やそれを使っての戦略は、この後の項目で実際の株価チャートを参考にしながら詳しく見ていきいます。

自分にあったテクニカル指標を選ぼう!

テクニカル指標には、沢山の種類があります。
ただ、全ての指標を理解する必要はありません。沢山の道具を持っていても、使いこなせなければ意味がありません。自分にあった指標をいくつか選び、それらをしっかり使いこなせるようになりましょう。ただし、「トレンド追従型指標」の[移動平均線]はほとんどのテクニカル分析者が見ている指標なので、「移動平均線」だけは絶対に外さないように!

≪超初心者 もきゅきゅ の疑問≫
逆張りってのが、イマイチよく分からないから、もうちょっと説明して欲しいかも。

順張りは、トレンドに乗って売買することでしょう?上昇相場になってきたのを確認してから買う、って感じだね。これは[逆指値]の買いのパターンでもやったから分かるよね。
その逆のパターンが逆張りで、他の人たちが弱気になって売り込まれて株価が下がってきたところを買うとか、或いは株価が上がってきたところを売るとか、他人の裏をかくような感じかな。 (by ペコ丸)

※基本が学べる参考書籍
『Excelで学ぶ株式投資』
藤本壱
(オーム社)
1,890円 (税込)送料無料

【目次】第1章 株式投資の基本(株とは何か/株を売買する手順 ほか)/第2章 企業の業績や財務から銘柄を選ぶ(ファンダメンタル分析とテクニカル分析/企業の売上と利益の見方 ほか)/第3章 株価チャートの基本(株価チャートの第一歩/Excelで株価チャートを作る ほか)/第4章 各種のテクニカル指標を組み合わせる(出来高も加味する/乖離率で株価の行き過ぎを判断する ほか)/第5章 Excelを株式投資に役立てる(投資のプランを立てる/Excelでポートフォリオ(持ち株)の状況を管理する ほか)