チャートパターンから読む買い時・売り時

水素豊富水を手軽に生成【ドクター水素水】
■ チャートパターンから読む買い時・売り時
 HOME 

銘柄選定:テクニカル分析
【テクニカル分析の基礎】
株価チャートの見方
1本のローソク足
複数のローソク足
テクニカル指標の分類
トレンドを見極める
チャートパターンから読む買い…
【トレンド追従型指標】
移動平均線
エンベロープ
ボリンジャーバンド
HLバンド
新値足
一目均衡表
トレンドライン
カギ足
パラボリック

【オシレータ系指標】
移動平均乖離率
RSI
ストキャスティクス
%Rオシレータ
サイコロジカルライン
モメンタム
RCI
MACD
DMI

【出来高系指標】
ボリュームレシオ

【その他の指標】
ピボット

チャートパターンとは
チャートパターンとは、転換・変動時によく見られるチャートの形状のことです。
必ずしもそうなるとは限りませんが、知っておくと心の準備にもなると思います。
また、チャートパターンには大きく分けて「天井圏」「底値圏」「保合」の3つがあります。
それぞれ見てみましょう。
※以下、図中のポイントA・B・C・Dがそれぞれの売買のポイントとなります。

天井圏で見られるチャートパターン

チャートパターン:ヘッドアンドショルダー(三尊) ヘッドアンドショルダー(三尊)ヘッドアンドショルダー(三尊)
この形は、天井圏パターンの中でも最も有名で、最も信頼できるパターンだと思います。
3回高値を試して、3回とも売り方に押し戻されている状態で、市場参加者の「もう、これ以上の高値では買わない」という意思表示だと取れます。
このパターンでは、真ん中の山が高くなることが多く、それを「頭」として、左右の山を「肩」とすることで、「ヘッドアンドショルダー」と呼ばれます。
3つの山の高値の位置がほぼ同じ価格で形成されるヘッドアンドショルダーを、日本では「三尊」とも呼びます。
左肩と頭、右肩と頭の間にある底を結んだラインをネックラインといい、ネックラインを割ったところで「上昇トレンドが終わった」と認識されることが一般的です。
ネックラインを割ったポイントAで空売りするのが定石ですが、しばしば戻す動きをすることもあります。
その際は、ネックラインを超えた時点で損切りし、ポイントBで再度空売りを検討することになります。

チャートパターン:ダブルトップ ダブルトップダブルトップ
天井圏パターンでは「ヘッドアンドショルダー」に次いで有名なのが「ダブルトップ」です。
2回高値を試して、2回とも高値で売り込まれ、そのまま前回の安値を下回ることで下降トレンドを決定付けます。
前回の高値を越えられず下降してきたポイントAで空売りを仕掛けるのが理想的ではありますが、「騙し」も多いポイントです。
前回の安値を下回ったポイントBが、空売りを仕掛けるポイントとしては一般的ですが、しばしば戻す動きをすることもあります。
その際は、前回の安値を越えた時点で損切りし、ポイントCで再度から売りを検討することになります。

▼実際の株価チャートで見る「ダブルトップ」の例
株価チャートの読み方と売買戦略〜無料メルマガ『ペコ丸流』過去ログ『東京ガス

底値圏で見られるチャートパターン

チャートパターン:逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊) 逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)
この形は、底値圏パターンの中でも最も有名で、最も信頼できるパターンだと思います。
3回安値を試して、3回とも買い方に押し戻されている状態で、市場参加者の「もう、これ以下の安値では売らない」という意思表示だと取れます。
「ヘッドアンドショルダー」の反対ですので、詳細説明は「ヘッドアンドショルダー」の項目を参照してください。

チャートパターン:ダブルボトム ダブルボトムダブルボトム
底値圏パターンでは「逆ヘッドアンドショルダー」に次いで有名なのが「ダブルボトム」です。
「ダブルトップ」の反対ですので、詳細説明は「ダブルトップ」の項目を参照してください。

保合時に見られるチャートパターン

三角保合い三角保合い
上値・下値の差が徐々に無くなってきて、売り買いの勢力が拮抗している時に出来るチャートパターンです。
「三角保合、離れにつけ」という相場格言があるように、上値・下値のラインを抜いた方向にポジションをとることが重要とされています。
正三角形に近い保合を「シンメトリカルトライアングル」、上値・下値の幅が狭いものを「ペナント」と呼ぶようです。
▼シンメトリカル・トライアングル
チャートパターン:シンメトリカルトライアングル
▼ペナント
チャートパターン:ペナント
▼ペナント
チャートパターン:ペナント

直角三角形のものは、上値が水平なものを「アセンディングトライアングル」、下値が水平なものを「ディセンディングトライアングル」と呼ぶようです。
▼アセンディング・トライアングル
チャートパターン:アセンディングトライアングル
▼ディセンディング・トライアングル
チャートパターン:ディセンディングトライアングル

楔形になっているものは、「ウェッジ」と呼ばれています。
▼ウェッジ
チャートパターン:ウェッジ
▼ウェッジ
チャートパターン:ウェッジ

その他の保合いその他の保合い
上値・下値のラインが平行になっている保合を「フラッグ」と呼ぶようです。
▼フラッグ
チャートパターン:フラッグ
▼フラッグ
チャートパターン:フラッグ

菱形になっている保合いを「ダイヤモンド・フォーメーション」と呼ぶようです。

▼ダイアモンド・フォーメーション
チャートパターン:ダイアモンド・フォーメーション
▼ダイアモンド・フォーメーション
チャートパターン:ダイアモンド・フォーメーション

チャートパターンは「騙し」を利用すると旨味がある

基本的にチャートパターンを見る場合は、離れた方向にポジションを取ることがリスクの少ないポジショニングとなります。
しかし、チャートパターンが「騙し」となった場合、それは、反対方向のトレンドが「強い」事の暗示でもあるのです。

チャートパターンの騙し例 例えば、上昇トレンド中に「三角保合」が発生し、「三角保合の下離れ」が「騙し」になった場合を考えてみましょう。
三角保合を下に抜けた後、市場参加者のコンセンサス(意識)は「株価下落」だったはずです。
しかし、切り返して株価を三角形の中に戻し、更に三角形の上に株価を持ち上げてきたとしたら、市場コンセンサスを上回る「買い要因」が有る事になるのではないのでしょうか?
ということは、取りも直さず、市場コンセンサスの「株価下落」の意識より、「買い要因」による「上昇トレンド」が強いことになります。
更に、上に抜けたことによって、下抜けで売っていた投資家の「買戻し」も入ってくることになるので、買いが買いを呼び、「上昇力」が更に強まってくることになります。
上記の例のように、チャートパターンの「騙し」は、それを見極めることが出来れば、とても「旨味のある」サインとしても活用できます。

チャートパターン関連のページ

株価チャートの読み方と売買戦略 《ダブルトップ》→ 無料メルマガ(『ペコ丸流』銘柄考察)過去ログ-[東京ガス
株価チャートの読み方と売買戦略 《ダブルトップ》→ 無料メルマガ(『ペコ丸流』銘柄考察)過去ログ-[資生堂
株価チャートの読み方と売買戦略 《三角保合い》→ 無料メルマガ(『ペコ丸流』銘柄考察)過去ログ-[トヨタ自動車

トレンドラインの引き方をもっと実戦的に見たい人は、無料メルマガ『ペコ丸流』の購読をオススメします。毎回、株価チャートにトレンドラインを引いて、実際の動きを読んでいますので、ただ文章だけでトレンドラインの引き方を読むよりもはるかに参考にしていただけると思います。
※無料メルマガ『ペコ丸流』銘柄考察のお申し込みはコチラ↓からどうぞ。

メールアドレス入力
 『まぐまぐ!』から発行しています