トレンドライン

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ トレンド追従型テクニカル指標 【トレンドライン】
 HOME 

銘柄選定:テクニカル分析
【テクニカル分析の基礎】
株価チャートの見方
1本のローソク足
複数のローソク足
テクニカル指標の分類
トレンドを見極める
チャートパターンから読む買い…
【トレンド追従型指標】
移動平均線
エンベロープ
ボリンジャーバンド
HLバンド
新値足
一目均衡表
トレンドライン
カギ足
パラボリック

【オシレータ系指標】
移動平均乖離率
RSI
ストキャスティクス
%Rオシレータ
サイコロジカルライン
モメンタム
RCI
MACD
DMI

【出来高系指標】
ボリュームレシオ

【その他の指標】
ピボット

トレンドラインとは
株価は上昇・下降・横這いの3つを複合的に組合せながら、トレンドを作っていくものですが、その中にも、「ある価格」以下になりにくいポイントや「ある価格」以上になりにくいポイントがあります。そのあるポイントを視覚的に探そうとするものが、「トレンドライン」です。
トレンドラインの方向や角度を見ることによって、株価の方向性やその方向への強さを明確に出来ます。

上昇トレンドラインは、株価がこのラインを割ることによって株価の上昇の流れが変化することを示します。この場合は、上昇から保合い・下降トレンドに変化する可能性が強くなります。
反対に、株価が上昇トレンドラインを大きく上放れる時は、それまでの上昇の流れの変化を示します。この場合は、緩やかな上昇から急激な上昇へと変化していることを表します。また、その場合は、押し目(上昇トレンド中に一旦下げる事)が近い可能性もあります。ただし、押し目はトレンドラインまでで、それ以下まで下がる場合はトレンドの変化になります。

下降トレンドラインは、株価がこのラインを超えることによって株価の下降の流れが変化することを示します。この場合は、下落から保合い・上昇トレンドに変化する可能性が強くなります。
反対に、株価が下降トレンドラインを大きく下放れる時は、それまでの下降の流れの変化を示します。この場合は、緩やかな下降から急激な下降へと変化していることを示します。また、その場合は、戻り(下降トレンド中に一旦上げる事)が近い可能性もあります。

トレンドラインの引き方

トレンドラインは、上昇トレンドなら安値と安値を(【図-1】参照)、下降トレンドなら高値と高値を(【図-2】参照)結んだラインになります。

【図-1】

トレンドラインの引き方〜上昇トレンド【図-1】

【図-2】

トレンドラインの引き方〜下降トレンド【図-2】

トレンドラインを使った戦略
トレンドラインを使った基本戦略

トレンドラインのブレイクを売買サインにします。
下降トレンドラインのブレイクを買いサイン上昇トレンドラインのブレイクを売りサインとします。

トレンドラインを使った基本戦略