信用取引について

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ 信用取引について
 HOME 

株式投資の基礎知識
株式投資とは?
株式投資の流れ
証券会社の選び方
注文方法の使い分け
信用取引
ファンダメンタル分析とテクニカル…
トレードスタイルの種類

[PR]

株式投資には、「現物取引」と「信用取引」があります。

現物取引

株を買うときに、取引にかかる全額を証券会社に支払う取引のことを現物取引と言います。

株価1,000円の時に、1,000株を現物取引で買うとします。

1,000円×1,000株=約定金額 1,000,000円
約定金額の100,000円に、手数料を足した金額を支払います。

現物取引の特徴は…

「売り」から株式市場に参加することはできない(値下がり利益 *を狙えない)
実質的に株主として名義が登録されて株主としての権利がフルに行使できる
(株券の名義は購入した本人のものになる)
無期限に株式を所有することができる
株主優待や特典なども受けることができる
上場銘柄全てにおいて、取引が可能
証券会社に預けた金額以上の株券を購入することはできない

信用取引

証券会社から投資資金や株券を借りて、担保として預けている証拠金の3倍程度まで売買することができるのですが、それを信用取引と言います。
証券会社から約定代金の一部を立て替えてもらって株を買う信用買いと、証券会社が保有している株券を借りて株式市場に参加し、それを売ってしまう信用売り(空売り)取引があります。

株価1,000円の時に、1,000株を信用取引で買うとします。

1,000円×1,000株=約定金額 1,000,000円
1,000,000円×3割=300,000円
約定金額は同じでも、信用取引で買った場合は300,000円+手数料の支払いになります。

信用取引の特徴は…

「売り」から株式市場に参加することができる(値下がり利益を狙える)
担保金での取引なので、株券の名義は証券会社になる
株主優待や特典などは受けられない
(一部の証券会社では、株主優待や特典などを信用取引の顧客に譲渡している)
証券会社によっては、取引期間に期限がある
(6ヶ月以内に反対売買しないといけない、など)
信用買いの場合は立替金の金利が、空売りの場合は株券の貸賃料が日毎にかかる
一部出来高(取引量のこと)の少ない銘柄については、取り扱っていない場合がある
証券会社に預けた以上の金額の取引ができる
(レバレッジ効果といい、預けた証拠金の約3倍程度の取引が可能)

※ 値下がり利益とは
例えば、株価1,000円の時に、証券会社からA社の株券1,000株分を借りて売りしたとします(これを「空売り」という)。そして900円になった時点で買い戻し、証券会社にA社の株券1,000株分を返します。
この時の収益のイメージは、

売った時の金額 1,000円×1,000株=1,000,000円
買った時の金額 900円×1,000株=900,000円
1,000,000円−900,000円=100,000円
100,000円から証券会社へ支払う手数料(往復分)を差し引いた金額…という感じになります。

現物取引と信用取引の違い

「現物取引」と「信用取引」には、上に書いたような違いがあります。
レバレッジ効果・空売りなど、信用取引には現物取引には無い大きなメリットがありますが、レバレッジ効果には特に注意が必要です。レバレッジ効果を最大限に利かせて取引を行うと、利益も大きいですが、思い掛けない大きな損失を被る可能性もあります。現物取引で、自分自身の投資戦略・戦術・相場観などを身につけてから、信用取引に進むことが大切です。

≪超初心者 もきゅきゅ の疑問≫
自分の資金より大きな額の損が出たらどうするの?
例えば、30万円の自己資金で、100万円の株を信用買いしたとして、その株価が値下がりして40万円の損になったら? どうするの? 損した分は誰が払うの?

30万円を返済にあてても、残り10万円のマイナス分はやっぱり投資家が自分で支払うんだよ。それに、手数料や金利も払わなくちゃいけない。
でも、30万円の自己資金が15万円にまで減ったら、つまり評価損が資金の半分にまで達したら、証券会社から追加証拠金を請求されるようになってるんだ。株価の利益や損失は、反対売買してから確定するんだけど、まだ確定していなくても値動きの中で損が発生していれば評価損ということになる。追加証拠金の請求に応じないと、強制的に反対売買されちゃうんだよ。まあ、そこまで放っておく人もいないんだけど、充分、勉強して経験を積んで、自信があるなら信用取引をやってもいいっていう感じだね。(by ペコ丸)