証券会社の選び方

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ 証券会社の選び方
 HOME 

株式投資の基礎知識
株式投資とは?
株式投資の流れ
証券会社の選び方
注文方法の使い分け
信用取引
ファンダメンタル分析とテクニカル…
トレードスタイルの種類

[PR]

前項([株式投資の流れ])にも書きましたが、まず、証券会社に口座を開かないことには、株式投資は出来ません。
そこで、証券会社の選び方のポイントとおすすめ証券会社を紹介します。

証券会社の選ぶポイント

手数料
株の売買には手数料が掛かります。
この手数料は株を買った時・売った時の両方に掛かってくるもので、株の売買が多くなると、手数料だけで結構な金額になってしまいます。つまり、手数料が安い証券会社を選んだ方が有利だということです。
 ([証券会社の手数料比較]と合わせて参考にして下さい。)

情報量

株式投資で資金運用していく上で、その証券会社が提供している情報というもののウェイトはかなり大きいです。提供される情報が少ないと、それだけで他の投資家より不利な状況になります。但し、情報は何も証券会社からしか提供されていない訳ではないので、インターネットなどを活用して情報量を補うといった方法も考えられます。

サービス

口座開設すると5,000円のキャッシュバックがある・約定代金(*1)30万円までなら手数料が無料・会社四季報(*2)の閲覧が無料・口座開設者に無料のセミナーを実施している…など、自分が魅力的だと感じるサービスを展開しているかどうかも、重要なポイントです。
(*1 約定金額〜株を買うのに必要な金額。1口当たりの株数(会社によって違う)×口数で計算。例 : A社の株価500円・一口1,000株・購入口数=10口なら、約定代金は5,000,000円)
(*2 会社四季報〜株式市場に上場している会社の、資本金・財務内容・経営状態などの情報がまとめられている情報誌)

取扱商品

いろいろな投資対象商品をその証券会社が扱っているかどうかも、チェックすべきポイントだと思います。
最初は株式投資だけのつもりでも、いずれは信用取引・日経平均先物・通貨証拠金取引もしたい…という風に考えが変わるのは、よくある話です。ところが、証券会社を後から変えるとなると、資金の移動や注文方法の違い等で、時間的な不利を被る可能性もあります。

口座維持手数料

口座を開くと、その口座を維持する為の手数料が掛かります。最近のインターネット証券会社などは口座維持手数料が無料のところが多いですが、ちゃんとチェックしておいた方が良いでしょう。

注文方法の種類

ペコ丸でオススメする注文方法は≪逆指値≫というものです。成行・指値といった一般的な注文方法はどの証券会社を選んでも差はありません。

注文方法の種類は下記の通りです。

≪成行注文≫ 値段の指定をしないで売買する注文方法
≪指値注文≫ 値段の指定をして売買する注文方法
≪逆指値注文≫ 指値とは逆のパターンで、○○円以上になったら買う○○円以下になったら売る、という値段の指定をして成行で売買する注文方法
≪その他の注文方法≫ 各証券会社のホームページで確認してください

(※ 注文方法の詳細いついては、[注文方法の使い分け]で詳しく説明しているので、そちらをを参照のこと)

その他

何かあったときの為に、証券会社は複数契約しておきましょう。
複数契約しておけば、メインで利用している証券会社にシステムトラブルなどがあって売買注文できない状態になっても、予備の証券会社で売買注文が出せます。

オススメの証券会社

証券会社の手数料比較]をご覧下さい。