株式投資の基礎の基礎

■ 株株ペコ丸 略して株ペコ ■
■ 株式投資とは
 HOME 

株式投資の基礎知識
株式投資とは?
株式投資の流れ
証券会社の選び方
注文方法の使い分け
信用取引
ファンダメンタル分析とテクニカル…
トレードスタイルの種類

[PR]

株って何?

株とは…≪株券≫と呼ばれる、証明書みたいなものです。

じゃあ、株券って何を証明しているものなの?

株券を発行した会社に、資金を提供したという証明書です。

提供した資金は、何に使われるの?

株券を発行した会社は、その資金を元に、会社の運営を行っているのです。
例えば、新しい商品を開発するための資金にしたり、新規事業の資金にしたり、用途は色々です。

資金を提供したら、何か良いことがあるの?

提供した資金の割合に応じて、その会社の利益が資金提供者に還元されます。
資金提供者の事は、一般的に株主と呼びます。

要するに、「株式会社の運営者は、色々な人から資金を提供してもらう手段として株券を発行、その資金を元に会社運営をして、会社運営がうまくいって利益が上がれば、資金提供の割合に応じて株主に利益の還元をしますよ!」という事です。「私はこの会社の資金提供者だ!」という証明書が株券という事になります。

株券の値段は誰が決めるの?その会社の運営者?

株券の値段を決めるのは、株式市場に参加している投資家です。
その会社の運営状況や将来性などを投資家が各自検討して、「この会社の株券が○○○円なら買いたい」「この会社の株券が×××円なら売りたい」と、それぞれが値段を提示し、売り手・買い手両方が納得できる値段が、現在の株券の値段(株価)という事になります。

株券の値段が上がったり下がったりするのは何故?

例えば、現在の株価が1,000円の会社A社で新しい商品を開発したとしたとします。
ここに、その会社を投資の対象と考えている投資家B氏・C氏がいます。
B氏は、まだA社の株券を持っていません。C氏は、既にA社の株券を持っています。

【B氏・C氏が「その商品は売れる!A社は今後儲かるぞ!」と考えた場合】
B氏は、A社の株券を1,000円なら買いたいと考えます。C氏は1,000円では売りたくないと考えます。
 B氏 「じゃあ1,100円なら、売ってくれるかい?」
 C氏 「・・・1,200円なら、売っても良いかな?」
 B氏 >「1,200円は高いけど・・・1,150円なら買ってもいいよ」
 C氏 「うーん、しょうがない。1,150円で売ろう!」
…こうしてC氏は、B氏に1,150円でA社の株券を売りました。
⇒ A社の株券の売買が成立した時点で、A社の株価は1,000円から1,150円に値上がりした事になります。

【B氏・C氏が「その商品は全然売れない。A社はその商品開発費用を無駄にしたな」と考えた場合】
C氏は1,000円なら売りたいと考えます。B氏は1,000円では買いたくないと考えます。
 C氏 「それでは900円なら買ってくれるかい?」
 B氏 「800円なら買ってもいいよ」
 C氏 「800円は安いけど、850円なら売っても良いよ」
 B氏 「うーん、しょうがない。850円で買おう」
…こうしてB氏は、C氏から850円でA社の株券を買いました。
⇒ A社の株券の売買が成立した時点で、A社の株価は1,000円から850円に値下がりした事になります。

実際には、B氏やC氏だけでなく、多くの投資家がA社の株券の取引をしている訳ですから、これほど単純ではありませんが、株価の値動きのイメージはこんな感じです。
要するに、会社の現在の株価が、その会社の将来性・収益性などと比べて安いと感じている投資家が多ければ、その会社の株券を買いたいという投資家が増え、売りたいという投資家が減るので値段は上がってきますが、逆の場合は下がってきます。

で、結局株って儲かるの?

とてもラッキーな人は、何をやっても儲かるでしょう。
勉強熱心な人なら、いつかは儲けられるようになると思います。
何の努力もせずに遊び気分で投資に手を出したら、損をするでしょう。

勉強って…何を勉強したらいいか分からないんだけど…?

そんな人の為に、このサイトを作りました。直ぐに儲かるとか、誰でも簡単に稼げるとは言いません。これから株式投資を始めるにあたって、賢く増やす為にも最低限このサイトに書いてあることは理解しましょう。